次世代育成行動計画

・次世代育成支援対策推進法に基づく取り組み
・第5期行動計画 平成28年4月1日公開

過去の行動計画

次世代育成支援対策推進法に基づく取り組み

NHKメディアテクノロジーは、平成17年4月に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、一般事業主行動計画を策定し、目標の実現に取り組んでいます。今回、第4期次世代育成行動計画として定めた目標を達成し、初めて子育てサポート企業として厚生労働大臣認定の「くるみんマーク」を取得しました。

NHKメディアテクノロジー 第5期行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、
次のように行動計画を策定し計画を推進します。

計画期間

平成28年4月1日~平成30年3月31日までの2年間

内容

目標1:総労働時間の削減(4週6時間の削減)

〈対策〉 ・有給休暇取得率の向上
・時間外労働の削減に向けた取り組み促進

目標2:仕事と育児を両立させる事ができる職場風土の醸成に向けた支援

〈対策〉 ・次世代育成セミナーの定期開催(年2回)
・育児関連制度全般についての全社周知と理解促進

目標3:育児休業中の社員が、社内情報を収集するための環境の改善

〈対策〉 ・現在実施済みの携帯電話以外の閲覧手段の導入

目標4:多様な働き方の実現のための「在宅ワーク」の活用

〈対策〉 ・パイロット運用開始(問題点抽出、検討、改善) 平成27年10月~
・本番運用(運用方法の策定、定期的な意見収集、改善) 平成28年度中

目標5:育児休業期間の延長施策の導入

〈対策〉 「子が満1歳6か月に達する日まで」を「子が満1歳6か月に達する日または
満1歳に達する日の属する年度の翌年度4月末のいずれか長い方の期間」に延長

目標6:子の看護休暇制度における適用年齢の引き上げ

〈対策〉 「小学校に入学するまでの子を養育する社員」を「小学校3年生を修了するまでの子」に引き上げ