最新の業務事例をご紹介します

いまを知るトップへ戻る

運行・送出<国際運行業務>

NHKワールド&プレミアム、ラジオジャパン24時間送出中!
1年365日、1日24時間休まず世界に向け情報を発信し続ける国際放送。テレビ、ラジオの複数の“波”を送り出し、国内番組を中心に国際放送のオリジナル番組も織り交ぜながら独自編成で放送を行う“もう一つの放送局”です。今回は24時間体制で国際放送を支える国際運行業務を紹介します。

<業務引継> 編成情報、番組関連情報、設備情報など、前日から夜間にかけて発生した案件の情報を宿泊勤務者から引き継ぐ。着実な引継こそ24時間安定した放送を出し続けるための基本中の基本!

<監視業務> 運行業務の基本は監視業務。編成通りに番組が切り替わり、正しい番組を送り出していることを確認。国際放送では、海外で著作権が発生する映像や音楽を放送しないように手動で別の映像や音声に差し替える“フタかぶせ”という作業を行うのも重要な業務。国内放送とは異なる独自のセンス・判断が求められる。

<番組登録> 国際放送で放送する番組を送出サーバにアップロードする。サーバ容量が限られるため、随時持ち込まれるVTRテープやファイルを異常がないか試写をしながらサーバにアップロードをする。

<新人研修> 新人も先輩社員と一緒に“上乗せ実習”で業務を担当。実際の業務の中で、実践的な研修を受け一人前に育っていく。

「運行基本事項」を遵守して安定、確実な番組送出を実践しています。
①積極的な声出し ②指さし確認 ③手動操作は複数で ④TDへの報告

<NHKワールド> 毎正時30分間“NEWSLINE”を送出するニューススタジオ。LED照明を全面的に採用。バーチャル機能も備え多彩な演出を実現。
国際放送は国内でもスマホアプリでご視聴いただけます。
アプリはこちらから