最新の業務事例をご紹介します

いまを知るトップへ戻る

入社6か月で初めてLDを担当

照明部では計画的な育成を進め、先輩のバックアップ体制の下、入社6か月後には新人がスタジオLDに初挑戦しました。 (※LD:ライティング・ディレクター)

スタジオセットを前に、事前に検討した照明プランを共有し、作業を始めます。まずは手分けして照明器具をプラン通りに照明バトンに配置し、ケーブルを接続します。落下防止対策を施して再度チェック。すべての器具のセッティングが終わったところで、個々の器具の明かりの当たり具合を確認し、調整を行います。最後はカメラで撮影した映像をモニターで確かめながら、全体の照明バランスを調整していきます。カメラリハーサルでは番組全体の流れの中で映像を改めてチェックし最終調整を行い、本番に臨みます。